みなさん、こんにちは、イジュールです。

バスルームを囲う壁は面積が大きく、色味や風合いなど
インテリアとして最も重要な要素ではないでしょうか。

特注ユニットバスであれば
洗面脱衣室とカラーを合わせたり同じタイルを貼ったり
サニタリー全体をトータルにデザインできるのです。

仕上げ材料

特注ユニットバスでは在来工法と同様に
仕上げ材料に天然石やタイルが選定できますが
最適なのはやはりタイルです。

タイルの種類は様々

色調   色 ・ 柄 ・ 石目 ・ 木目 など
面状肌感 磨き ・ マット ・ 石面 ・ エンボス など
形状   300角 ・ 600角 ・ 煉瓦サイズ ・ モザイク ・ 超大判 など

並べられたタイルの隙間には目地を詰めます。
バスルームなどの水まわり専用の目地材を使用しております。

ホワイト・ライトグレー・グレー・ダークグレーなど(水まわりに優れた防カビ性)

壁一面をモザイクタイルにしたり
ある一面だけを色を変えてアクセント貼りも楽しめます!
床タイル(ブログ〜洗い場床のデザイン〜)と併せて
タイルメーカーのショールームでお気に入りのタイルを探してみてください。

壁パネルの製作

工場では、複数枚に分割した「壁パネル」として製作します。
アルミ鋼材でフレームを組み、
フレキシブルボード3ミリの下地板を貼りパネル化します。
設計図を基にカット加工されたタイルを貼り
目地材を詰めた完成品として現場へ出荷されます。

工場では専用機械を導入し1200ミリ幅までの大判タイルのカット加工が可能です。

ニッチ

“ニッチ産業” などと経済分野でよく使われる言葉 「ニッチ」 ですが
元は建築用語なんです。
西洋建築で彫像などを置くために設ける窪みのことをいい「隙間」の意味です。

バスルームにもニッチ棚を設けることが出来るんです。
デッドスペースを活用したり間取りを工夫することで
色々なサイズのニッチ棚が検討できます。

化粧棚などで壁からの出っ張りを作らずに
シャンプーボトルなどを壁にスッキリと収納することができます。
ニッチに置かれた粋な小物に照明をあててバスタブから眺めたり
リラックスアイテムのひとつにもなるでしょう。

その他デザインに必要なエレメントはご相談ください。

 

「つくり込むユニットバスを得意としております。」
納まりやおフロのあれこれなど、
特注ユニットバスやバスルームについての情報発信をしてまいります。

今後ともイジュールを宜しくお願いいたします。

izur-blog-0006