みなさん、こんにちは、イジュールです。

今回は、イジュールのセミオーダーについて少し掘り下げてみましょう。

住宅向けに設計された
18種類のルームサイズをラインナップしています。
基本となるサイズは1600ミリです。
【サイズ表はこちらを】

これは日本家屋の在来工法(木造)の
柱ピッチ1820ミリに納まるバスルームサイズです。
現在多くの既製品ユニットバスでも
1616(イチロクイチロク)などのようにスタンダードとなっています。

自由なプランを
ユニットバス構造でフルオーダーするには
「床防水パン」の原型として簡易木型を製作する必要があることを
前回のブログでも紹介しました。
木型費用がプラスされ高額になってしまうのです。
もし計画しているバスルームサイズが
「1600ミリ」の場合には、
床防水パンの木型費用が不要で

低コストな
セミオーダー(定型1600ミリ)がオススメです。

洗い場とバスタブ設置サイズの組み合わせが18種類に決められていますが、
タイルやバスタブ・水洗金具などが自由に選定できるんです。

 



写真はふたつの事例ですが
同じ定型「1600ミリ」のサイズ違いです。
それぞれお好みのタイルが貼られています。

床防水パンの仕様は
「グレーチング付きバリアフリー・洗い場カウンター付き」です。

少ない段差とドア内側にフタ付き排水溝が設けられた、
洗い場カウンター付きの住宅用に適したプランです。

カウンターの高さは自由に決められますので、
入浴スタイルに合わせてデザインができます。
ドア位置は4方向から選べて、
ほとんどの間取りにご採用いただけるバスルームです。

天井高さは標準の2200ミリから、必要に応じて増減できます。
もちろん窓開口も対応できます。

洗面脱衣室など
サニタリースペース全体とバスルーム内のタイルを同一とする、
インテリアを重視したプランも可能なのです。
是非ご検討ください。

 

「つくり込むユニットバスを得意としております。」
納まりやおフロのあれこれなど、
特注ユニットバスやバスルームについての情報発信をしてまいります。

今後ともイジュールを宜しくお願いいたします。

izur-blog-0004